Water is life

”身体の約65%は水分”

その大事な水分について都道府県別の水質をご紹介したいと思います。

目次

今はミネラルウォーターやウォーターサーバーの普及によって、水道水を直接飲むということは減ってきましたが、地域によっては水道水の方がミネラルウォーターやウォーターサーバーよりも美味しいというところもあります。ミネラルウォーターは硬水と軟水に分かれていますが、さらに細かく分けるとphや塩素なども大きく関わってきます。日本は軟水が多いと言われていて、ヨーロッパなどは硬水の割合が高いというデータがあります。

パスタなどのヨーロッパ生まれの食材は硬水で料理した方が美味しくなると言われています。反対に日本の伝統料理は硬水を使用するよりも硬度が低い軟水を使用した方が美味しくなります。水の硬度を調節することで、料理も上達します。

美味しい水があるところには美味しいお酒がある

日本酒

日本はビール、日本酒、ウイスキー、焼酎、ワインなど美味しいお酒がたくさんあります。その理由の一つにお酒造りに最適な水があるからです。美味しい水があるところには美味しいお酒があるといわれるように、お酒造りには適した硬度、phがあります。

お酒の種類や銘柄に最適な水質を確保するというのも工場を作る時に重要なことです。水は無色透明なので、一見するとどれも同じに見えますが、硬度を測ったりphを確認したりするとまったく違うものだということが分かります。次は、都道府県ごとに水の特徴を検証していきます。

まずは最北端の北海道です。北海道は自然豊かなところで、農作物を育てるにはピッタリの場所です。もちろん水も綺麗でお酒造りに向いています。北海道の水は硬度が低い軟水なので、口当たりが柔らかく飲みやすい味です。
青森県はりんごが有名で、マグロ漁も盛んな地域です。甘くておいしいりんごを作ることが出来る環境なので、水もとても美味しいです。

秋田県はお米の名産地で、寒暖の差が大きい地域です。降雪量も多く、豊富な水に恵まれている地域です。
宮城県も水は綺麗で、水道水をそのまま飲んでいる家庭も多いと言われています。
福島県はお米作りが有名な地域で、農業も盛んです。
新潟県は日本海に面した県で、利根川水系の水をたっぷりと使用することが出来ます。新潟県魚沼産のコシヒカリはブランド米として有名で、全国各地で消費されています。新潟県の場合はミネラルウォーターやウォーターサーバーは必要ないかもしれません。

群馬県は利根川が流れているので、綺麗な水を確保する環境は整っています。山から湧き出る自然の湧き水もあるので、水はとても綺麗です。化粧品の工場や精密機械の工場などもたくさん存在しています。
栃木県は一部水道水の塩素がきつく感じるところや、カルキ臭が気になる地域がありますが、自然が豊かな地域では水道水をそのまま飲むことが出来るのでお勧めです。

茨城県は納豆などで有名ですが、一部地域では農業が盛んで水質も悪くはないです。
埼玉県は都心のベッドタウンというイメージを持っている人が多いですが、北部のほうは畑や田んぼが多く、ネギやお米などもたくさん作られています。秩父のほうは自然が豊かで山もたくさんあります。

日本の首都である東京は水道水は飲まない方がよいといわれ続けてきましたが、最近はカルキ臭がなくなり、塩素のニオイもきつくないので十分飲むことが出来ます。それでもニオイが気になってしまうという方は沸騰させてから飲むと美味しく飲むことが出来ます。
東京都の水は軟水ですが、他の地域よりも硬度は若干高くなっています。常に美味しい水を飲める状況にいたいという人は、ミネラルウォーターを購入しておくか、ウォーターサーバーを契約することをお勧めします。コストは掛かりますが味は抜群です。

都道府県ごとに美味しい水を探していく

水の綺麗な渓流

東京都は水道水が美味しくないというイメージが定着してしまいましたが、外国と比較すると十分美味しいです。外国の中には絶対に水道水を飲まないでくださいという注意書きがあるほど安全性が確保されていないです。

東京都のお隣の神奈川県は大きな工業地帯があり、水質汚染が度々問題視されています。水道水は東京都と同じで飲めない訳ではないですが、積極的に飲む人は少ないのが現状です。
静岡県はお茶畑が広がっているお茶の名産地なので、水はもちろん綺麗です。滋賀県は大きな湖があるので水不足に悩むことはありません。その反対で水不足に困ることが多いのが香川県です。大きな水がめがなく、水を確保する方法に乏しい香川県は雨が少ないときは水不足に悩まされます。毎年ではないですが、夏場は頻繁に水が不足してしまいます。

広島県は瀬戸内海が広がっているので、水不足とは無縁です。岡山県は日照時間が長いことで知られていて、水も豊富にあります。住みやすい地域として有名で、移住する人も多いのが特徴です。
福岡は博多をはじめとしたグルメ街が立ち並ぶエリアで、美味しいものを食べたいのであれば福岡がお勧めです。明太子やもつ鍋、博多ラーメンなどが特に有名ですが、他にも美味しいグルメが豊富に揃っています。

長崎県は佐世保やハウステンボスなど見所がたくさんある地域です。水道から常に美味しい水を飲むことができます。宮崎県はマンゴーなどの果物から、地鶏などのお肉が有名ですが、水道の水も非常に美味しくてミネラルウォーターやウォーターサーバーを用意する必要性は低いです。 大分県は温泉がたくさん湧いていることで有名で、旅行先としても人気です。水質はとても良く、住みやすい環境といえます。鹿児島は本州では最南端に位置していて、九州ならではの土地が広がっています。

このように、各都道府県ごとに水道水は特徴があるのです。水のタイプや気温などで適した農作物などは変わってくるので、昔の人はそれを見極めて自分達の地域で作れる名産品を生み出してきたのです。そう考えると昔の人たちはとても賢く、頭が良かったといえます。

今のようにパソコンやスマートフォンで簡単に情報を入手できる時代ではありません。先代から受け継いだ情報を元に自分達で失敗を繰り返しながら今の成功を導き出しているのです。日本のお米を育てるには外国の水のような硬水では上手くいきません。

やはり日本ならではの軟水でないとあのもちもちとした弾力のある炊き上がりは再現できないです。お米は炊き上げたときの水分濃度や水分含有率で美味しさが大きく変わってきます。ちょっとした硬度の違いや、phの違いでお米本来の美味しさを台無しにしてしまうのです。お米の名産地は水質には徹底してこだわっていて、水が少しでも変われば伝統の味も大きく変わってしまいます。

水には適した硬度、phがあります

大きな湖

良い水があるところはすべてのものが美味しいといわれていますが、これは本当だと思います。例えばお酒を美味しくするのは人の手間と水だといわれています。お酒が好きな人は銘柄や産地にこだわると言いますが、それにはしっかりと理由があるのです。なぜならば、お酒作りには最適な水があるからです。美味しい水が豊富に確保できる場所であることが、美味しいお酒を作る上で最低条件なのです。お酒作りには適切な硬度やphがあるので、どこでも作れるという訳ではありません。水は色がないので、どれも同じように見えがちですが、実は味も硬度もまったく違います。

自宅に居るときは常に美味しい水を飲みたいという人は、ミネラルウォーターを購入しておくか、ウォーターサーバーを契約することをお勧めしますが、コストは高くなってしまいます。ではお金を掛けずに美味しい水を飲むにはどうしたらよいのでしょうか。一番手っ取り早い方法は水道水が美味しい地域に引っ越すことです。そうすれば毎日美味しい水を飲むことが出来ます。新潟県や群馬県の山のほうは自然に湧き出る水がありますし、水道水がとても冷たいので非常に美味しいです。

わさびは水が綺麗なところでしか育てることができないので、わさびの名産地は自然と水質が素晴らしいところということになります。新鮮な魚介類がとれる場所は水は豊富にあるのかもしれませんが、海は塩水なので飲み水に変えるための施設が必要になります。水質管理の施設が整っている場所がないと美味しい水を各家庭に届けることは不可能です。水の美味しさは温度で決まるといっても過言ではないです。

常温の水と、冷蔵庫で冷やした水を飲み比べてみてください。間違いなく冷たいお水の方が美味しいはずです。常温の方が体に良いといわれていますが、たまには冷たい水を一気に飲み干すのも良いでしょう。

料理人は水にこだわる人もたくさんいます。特にそばは水が美味しいことが絶対条件で、水が美味しくないとそばの味も良くなることはありえません。なので、山沿いの湧き水が綺麗な場所にはそばの名店が多く、インターネットや雑誌で高得点を記録しています。口コミサイトでも高評価を獲得していて、味に絶対の自信を持ってます。

そばは軟水の方が向いていて、そば粉とよく馴染む特徴を持っています。うどん特に最初と最後は綺麗でおいしい水を使用した方が良いです。最初というのは研ぎ始めの水のことを意味していて、理由は米は水も同じようなことがいえます。うどんはこねる時に水を加えながらこねていきます。水が美味しければ仕上がりは自然と美味しくなります。うどんのもちもちとした食感を作り出しているのは日本の名水のおかげです。

水は弱アルカリ性が一番体に良いといわれています。理由としては人間の体が弱アルカリ性に出来ていて、酸性側に傾くと色々と不具合が出てくるからです。肉ばかりを食べていると酸性に傾きがちなので、アルカリ性の野菜も食べなさいといわれるのです。

水道の水のニオイが気になるときの対処法

水道

ここからは水道の水のニオイが気になるときの対処法を教えます。水道の水のニオイの原因は主に消毒に使われる塩素と言われています。これは水の清潔さを保つためにある程度仕方がないことなのですが、これがどうしても苦手で受け付けないという方は多いです。このにおいは温度が上がるとより気になるようになります。なので、どうしても気になってしまうという人は常温ではなく、なるべく冷やした状態で飲むようにしましょう。麦茶やお茶にするとカルキ臭が目立たなくなるのでお勧めです。沸騰させるとカルキや塩素のニオイはなくなりますが、毎回水を沸騰させるのはかなり面倒なので、この方法はあまりお勧めできません。

便利なのは手軽に装着できる浄水器です。水道の出口のところに簡易型の浄水器をつけることで塩素のニオイはかなり軽減することが出来ます。しかし、このタイプの浄水器は定期的に交換しないとすぐに効果がなくなってしまうので注意しましょう。
タンク型の浄水器は冷蔵庫にも入れることができるのでお勧めです。一日に一回就寝前に水道水を入れておけば朝には美味しい水が出来上がっています。この水を使ってコーヒーを入れるのも良いですし、スムージーを作る時に使用してもOKです。コーヒーやスムージーもやはり美味しい水を使用したいです。

ボトル式ウォーターサーバー

お金に余裕がある方にはウォーターサーバーがピッタリです。ウォーターサーバーの水は定期配達に設定すれば、なくなった頃には新しいミネラルウォーターが届きます。重たい水を自宅まで配達してくれるので、汗をかきながらスーパーまで行く必要はなくなります。コストパフォーマンスは良いとは言えませんが、安いところを探せばお得に美味しい水を飲むことが出来ます。

今はウォーターサーバーの価格比較サイトなどがあるので、一番安くて美味しい水を探し出すことが出来ます。知らない人が多いですが、お米を研ぐ時もウォーターサーバーの水やミネラルウォーターを使用した方が美味しいご飯が炊けます。
特に最初と最後は綺麗でおいしい水を使用した方が良いです。最初というのは研ぎ始めの水のことを意味していて、理由は米は水をたくさん吸うので、最初の水はかなり大事だからです。最後の水は炊きあがりを決める大切な水なので、美味しい水を使用した方が良いです。普段と同じお米を使用していて、この方法を試してみたところ、高級なお米に変えたくらい味が変わったというデータもあるほどです。やったことがない人は一度試して観ましょう。

私達人間の体はほとんど水分で構成されています。水分が足りなくなると判断力が鈍り、集中力も著しく低下してしまいます。これから夏本番になっていくので、定期的に水分補給するように心掛けましょう。喉がかわいてからでは遅いので、喉が渇く前に小まめに水分補給できるように水筒もあると良いです。

ボトル式ウォーターサーバーおすすめランキング

ボトル式ウォーターサーバーおすすめランキング

ここでは、おすすめのボトル型ウォーターサーバーをランキング形式でご紹介します。

1位フレシャス

フレシャス

初期費用無料※一部条件付き
月額費用サーバー300円(税抜き)~、水925円(税抜き)~
電気代月約330円~950円
メンテナンス代無料
解約金ご契約後またはサーバー交換後、9ヶ月未満でご解約された場合、税込16,200円
9ヶ月経過後、2年未満でご解約された場合、税込9,720円

フレシャスは、軽量パック式で簡単にお水交換ができることが特徴のウォーターサーバーです。

従来のボトル式は重量があり、女性や高齢の方にとってはお水の交換が負担になってしまう一面がありましたが、フレシャスであればそういった心配はありません。

また、グッドデザイン賞を受賞しており、インテリア性が高い点も人気のポイントです。自宅にウォーターサーバーを設置したいけれど置き場所に余裕がない、という方は少なくありませんが、小さな卓上型タイプもラインナップされているので、置き場所を選ばないのも魅力となっています。

天然水も富士・朝霧高原・木曽の3種類が用意されており、それぞれ味や成分量に違いがあるので、好みに合わせて選ぶことができます。

公式サイトはこちら ▶

2位コスモウォーター

コスモウォーター

初期費用無料
月額費用1,900円(税込2,052円)※水12L
電気代約465円
メンテナンス代定期メンテナンス不要
解約金規定利用期間(2年)満了前に解約もしくは交換を希望される場合、解約に9,000円(税込9,720円)、交換に5,000円(税込5,400円)

コスモウォーターは汲みたての天然水であることを売りにしていて、採水したばかりの水をボトルに詰め48時間以内に出荷をしてくれます。

採水敷地内の地下深くから毎日汲み上げているので新鮮であり、溜めておいた水をボトルに詰めて出荷しているのではないので鮮度が全然違います。

ボトルにも工夫をされていて、密封形となっているため外気に触れづらくいつまでもクリーンな状態を保つことができます。

水の品質の高さは世界も認めていて、モンドセレクション2017年度金賞を受賞、アクアソムリエが美味しい水と認め、天然水の宅配のウォーターサーバー売上ナンバーワンという実績があります。

このように水自体の美味しさと実績の高さが、コスモウォーターの魅力となっています。

公式サイトはこちら ▶

3位アルピナウォーター

アルピナウォーター

初期費用無料
月額費用サーバー572円(税抜き)~、1,050円(税抜き)※水12L
電気代概ね電気ポットをご使用の場合と同程度
メンテナンス代無料
解約金サーバー設置後1年以内にサーバー引上げを行う場合は、4,762円(税別)

アルピナウォーターふたつのサーバーがありどちらにも共通するのが温水・冷水機能が備わっていて80度以上のお湯、10度以下の冷水がすぐ使える機能です。

いつでも温かいお茶やコーヒーを飲むのにも使えますし、新鮮で冷たいお水を飲むのにも便利です。

エコサーバーは機能が充実していて小さな子供がいても安心のダブルチャイルドロック、サーバー内をきれいに保つ自動クリーニング、電気代の節約につながるECOモードが搭載されています。

ボトルサイズは3種類ほど用意されていて、軽量で持ち運びがしやすい8Lのものにスタンダードな12L、たっぷり大容量で水の使用量が多い家庭や事務所の設置に最適な18.9Lの3つがあるので用途に合わせて選ぶことができます。

公式サイトはこちら ▶

ウォーターサーバー選びに困ったら「CoolQoo」がオススメ!

愛用者の声

ノンボトル・ウォーターサーバー「CoolQoo(クール・クー)」 愛用者様のお声。

CoolQoo除去機能
放射性物質環境ホルモンカルキウィルスカビ細菌重金属不純物
CoolQoo除去機能
放射性物質環境ホルモンカルキウィルス
カビ細菌重金属不純物

宅配水からCoolQooに乗り換えた97%が満足!!

神奈川県 H.Y様

ボトルなしが楽ちんすぎる♪ウォーターサーバーのストレス全てから開放された気分です!

東京都 R社

CoolQooで水代が激安に!設置箇所が水場と離れていたのですが、天井をつたい設置してくれました。穴もあけていません。

神戸市 商事

待合室に置いたら、好評!CoolQooは定額のため、会社の請求とともに増え続ける水代金の悩みがなくなりました。
ウォーターサーバーCoolQoo

カルキを除去した水は、雑菌が増殖しやすい為、飲料まで長期間経過する宅配水では、雑菌汚染のリスクが高まってしまいます。

生活に欠かすことの出来ないお水だからこそ、安心と安全、そして美味しさを追求してみませんか?

公式サイトはこちら ▶